Sponsored Links

床の間をDIYで撤去する

「床の間を撤去したいけど、どうやったらいいのかなあ」

「床の間をフラットにして有効活用したいけど、どうしたらいいかなあ」

この記事はそんな悩みを解決します。

こんにちは。

築43年の中古住宅をDIYでセルフリノベーションしているサクオ(@diy-reno1)です。

和室を別の空間に作り変えるなら、床の間のデザインも一新したいですよね。

私はこの床の間をこの状態から、

【DIY】この床の間をDIYで徹底的に作り変えます。

こう作り変えました!

もちろん、全てDIYです。

今回は、その私が床の間を撤去する方法を解説していきます。

さて、前回は吊り天井と吊束つりづかを取り除きました。

最終的にこの部屋の床には無垢材のフローリングを貼る予定で、
フローリングなのに床の間があるって違和感しかないので撤去することにしました。

床框と床板をDIYで外す

いよいよ、床の間を外していきます。

床の間の名称。床の間を床框と床板をDIYで外す。

まずは床框とこかまち床板とこいたからスタートです。
バールでどれだけ頑張っても外れないので、ここは更にパワープレーで攻めます。

丸ノコの出番です。

床框と床板をDIYで外す

丸ノコはリノベーションをする上で絶対にあった方が良い工具の一つです。

解体作業はもちろん、木材を加工して組み付けていく段階でも必要なので、
早いうちに手に入れておきましょう。

丸ノコは大変便利な工具ですが、誤った使い方をすると非常に危険なので、
正しい扱い方を身につけましょう。

この下の写真の赤い線に沿って丸のこで切ります。

【DIY】床框と床板を丸ノコで解体する

床框や床板にはけやきなどの良い木材が使われているので、
綺麗に取り除きたかったのですが、背に腹は代えられません。

床框と床板をDIYで外す

切ってみたら、けやきと黒檀だと思っていた箇所は全てプリント合板でした。

床段をDIYで外してみた

なんと!いきなり床下が出てきました。
ここまで来れば、壁際の切り口のところも前板も簡単に外せます。

外したらこうなりました↓

床の間を自分で撤去して、モダンなデザインに作り変える。

解体作業はここまでです。次はここから下地を組んで床を設置します。

つづく↓

コメント

Sponsored Links
タイトルとURLをコピーしました